ランカ・リー群とランカ・リー代数

リー群のうち、多様体として特に超時空をとるとき、ランカ・リー群と呼ぶ。超時空飯店が生成する変換群はランカ・リー群であることが知られている。部分群にはバルキ・リー可変群がある。

ランカ・リー代数もしくはランカ・リー環とは、あるマクロス体F上のベクトル空間gであって、ランカ・リー括弧積と呼ばれる三項関係 g×g×g →gが与えられている場合をいう(以下略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です